Q&A

よくあるご質問

デオシャワー本体に関して

「家庭用」と「病院用」の違いは以下の通りです。

1.付属品の違い
【家庭用】シャワーヘッド用ホルダー
【病院用】フットスイッチ(本体に接続 着脱式)/シャワーヘッド用ホルダー/ホースキャッチャー/スーパージェッター

2.電解オゾン水供給能力
【家庭用】約4,000L(目安)
【病院用】約12,000L(目安)

操作パネルのモニタランプで分かります。
・電解オゾン水供給量を越える前→操作パネルのモニタランプが、赤く“点滅”
・電解オゾン水供給量を越えた後→操作パネルのモニタランプが、赤く“点灯”
※この場合、電解オゾン水生成部(心臓部)の新品交換となりますので、有償修理となります。
効果費用については、弊社サービス窓口又は、ご購入された販売会社様へご連絡願います。

貯水タンク内に水が少しでも貯まっている状態で、操作パネルの運転ボタンを押したときに、瞬時に電解オゾン水が作られシャワーヘッドから吐出します。

※貯水タンクに水が貯まっている状態だけでは、電解オゾン水は作られません。

デオシャワー®は直接電解方式のオゾン水生成器であり、水道水を電気分解することでオゾン水が瞬時に生成されます。

購入いただいてから1年間としております。保証期間内に正常な使用状態で故障した場合には無料で修理いたします。

【無償保証の適用除外】
次のような場合は保証期間中でも有料となります。

  1. 使用上の誤り、または改造や不当な修理による故障または損傷。
  2. お買い上げ後の落下、輸送等による故障または損傷。
  3. 火災、地震、水害、落雷、その他の天災地変、公害や異常電圧による故障または損傷。

なお、保証の範囲は、保証期間内において本製品のみを対象とし、使用により生じたいかなる二次的損害(逸失利益、第三者への損害、他の装置に対する損害など)につきましても、その賠償の責を負いかねます。

電解オゾン水生成部(心臓部)の新品交換となるため、有償修理となります。
交換費用については、弊社サービス窓口又は、ご購入された販売会社様へご連絡願います。

デオシャワー使用に関して

シャンプーをよく水道水等で洗浄した後に、電解オゾン水にて仕上げ洗浄される事をお勧めいたします。

すでに眼科における手術時の消毒用として使用されている実例が多数あり、重症化例も報告されておらず問題ございません。

オゾンに関する質問(安全面)

水を電気分解すると水素、酸素、オゾンが発生します。オゾンの発生をおさえて水素を発生させ、水素が水に溶けたものを水素水と言います。
オゾン水は、オゾンを積極的に発生させそのオゾンが水に溶けた状態を言います。

オゾンは酸化力が強い物質ですが、オゾンの強さ(オゾン濃度)と触れる時間(接触時間)によって危険度が全く異なります。
オゾンには独特な臭いがありますが、臭くて我慢ができないような高い濃度の場合や、臭いを感じる程度の低い濃度であるが長時間にわたり臭いを感じる環境を除けば危険はありません。

オゾン水の効果

【除菌作用】一般細菌・ウイルス・カビを殺したり、増殖をおさえたりする働きがあります。
【消臭作用】悪臭成分を分解して、臭わない物質に変化させます。
【抗炎症作用】生体が持っている機能を活性化して、肌の修復・傷の修復などをサポートします。

【口腔ケア】オゾン水でうがいをすると歯垢の除去、口腔内細菌の除菌や細菌が産生する口臭原因物質を分解でき、口臭予防にも有効です。
【毛髪ケア】オゾン水で洗髪すると毛髪のキューティクルの修復が起こり、櫛通りがよくなりフンワリした整髪ができます。
【お肌のケア】皮膚の悪玉菌を除去したり、ヒートショックプロテイン(生体が持っているもの)を誘導して皮膚の修復が期待できます。

電解オゾン水は長時間の保存ができません。
従って、デオシャワー®の製品コンセプトである、「いつでもどこでも電解オゾン水」ということから、携帯できるデオシャワー®で使用したいときにその場で電解オゾン水をお作りいただき、お使い願います。

デオシャワー®で作られる電解オゾン水は、実験動物を用いたテストにおいて体重あたり大量の電解オゾン水を強制的に投与しましたが、健康上の問題点は確認されていません。
ただし、健康のためと大量に電解オゾン水を飲まれることは推奨できません。

眼科の病院では、手術前に消毒目的で比較的高い濃度の電解オゾン水を用いています。
目の粘膜への刺激が無く細菌を殺せることが証明されています。デオシャワー®の電解オゾン水濃度では全く問題ありません。

商品ラインナップ

デオシャワー®家庭用
デオシャワー®病院用
こちらで販売中amazon

販売は(株)エネグルで取扱